すっぽんで血液をサラサラに!

すっぽんで血液がサラサラになる理由

血液がどろどろになる一因に「活性酸素」があります。
本来、活性酸素は体内に侵入してきた病原菌を攻撃してくれる大切な役割を持っているのですが、ストレスや生活習慣の乱れ、紫外線ダメージなどによって体内の活性酸素が増え過ぎると健康な細胞までも傷つけてしまいます。
さらに、活性酸素は体内の脂肪と結合する性質を持っていますので、血中の中性脂肪と結びつくと、血液をどろどろにして血管を詰まらせる過酸化脂質を生成します。

すっぽんは血行不良を引き起こす活性酸素を除去する抗酸化作用を持つビタミンE、コエンザイムQ10が含まれていますので、すっぽんを摂ることで体内の抗酸化力を高めて、血行不良を予防・改善します。
また、すっぽんには人の体内ではほとんど作ることのできない必須脂肪酸であるEPAも含まれています。
EPAは血液内の赤血球に取りこまれると、赤血球を柔らかくして、血液をサラサラにする効果があります。

このように、すっぽんには血液をサラサラにする働きがいくつもあります。
では、すっぽんを摂って血液がサラサラになるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

血液がサラサラになるメリット

動脈硬化を予防

詳しい情報

動脈硬化が進むと、動脈(血管)壁の弾力性が失われ、血管が硬くなることで本来持つ働きが低下します。
血液がどろどろになって血管が詰まると、動脈硬化を引き起こしたり、悪化させたりしますが、すっぽんを摂って血液がサラサラになると、動脈硬化の進行も抑制されます。
動脈硬化は高血圧、高血糖、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など様々な生活習慣病を引き起こす要因ですので、動脈硬化を予防することで、生活習慣病のリスクを減らします。

免疫力の維持・強化

詳しい情報

血液は酸素や栄養を細胞に運び、老廃物を回収するだけでなく、体内で作った熱を全身に伝える働きもあります。
ですから、血液循環が悪くなると末端まで熱が伝わらず、体温も下がります。
体温は1℃下がると免疫力を司る白血球の働きが30%も下がるといわれていますので、免疫力を維持するためには体温を維持することが大切です。
また、体温は1℃上がると免疫細胞が活性化し、一時的ですが免疫力が5倍も上がるといわれています。
血液がサラサラになると血液循環も良くなりますので、体温の維持・向上が期待出来ます。
体温の維持は免疫力の維持になりますし、体温の向上は免疫力の向上に繋がります。

自律神経を整える

詳しい情報

血行不良になると新陳代謝も低下します。
新陳代謝が低下すると体温が下がり、自律神経も乱れやすくなります。
自律神経が乱れると、副交感神経(休息・リラックスモード)よりも交感神経(活動・緊張モード)ばかりが優位になり、心身のバランスが乱れます。
その結果、不眠、イライラ、不安感、疲労感、倦怠感など様々な不調を引き起こします。
血液がサラサラになると新陳代謝も活性化します。
新陳代謝が活発になると体温が維持・向上しますので、自律神経も整いやすくなります。

ホルモンバランスを整える

詳しい情報

上記でも述べたように、血液循環が良くなると自律神経のバランスが整いやすくなります。
自律神経を司っている脳の視床下部はホルモンバランスもコントロールしていますので、自律神経が整うと、ホルモンバランスも整いやすくなります。

ホルモンバランスが乱れるとPMS(月経前症候群)に悩まされたり、更年期症状が悪化したり、妊娠しづらくなったりします。
血液がサラサラになるとホルモンバランスが整いやすくなりますので、PMSや更年期症状の緩和、不妊治療のサポートにも効果的です。

冷え性、肩こり、腰痛の予防・改善

詳しい情報

血液循環が良くなると代謝が上がり、体温が維持・向上しやすくなります。
体温が維持・向上すると末端まで体が温まりますので、手足の冷えを予防・改善へと導きます。冷え性が改善されると、冷えによって生じていたむくみ、肌荒れなどの解消にも繋がります。
また、体が温まると筋肉の緊張が和らぎますので、筋肉の強張りによって悪化していた肩こりや腰痛などの痛みの緩和も期待できます。

便秘の予防・解消

詳しい情報

血液は酸素や栄養を届けるだけでなく、体内の老廃物を回収する役割がありますので、血液がサラサラになると体のデトックス作用が高くなります。
また、血液がサラサラになり、新陳代謝が活発になると、内臓機能も活性化されます。
内臓機能が活性化すると、胃や腸のぜん動運動も促され、排便もスムーズになります。

ほかにも、血液がサラサラになると自律神経が整いやすくなります。
自律神経のバランスが乱れると、ぜん動運動を低下させるノルアドレナリンが分泌され、便秘になりやすくなります。
血液をサラサラにして自律神経を整えると、ノルアドレナリンの分泌も抑えられますので、便秘の予防・改善に繋がります。

脂肪燃焼効率UP

詳しい情報

脂肪細胞に蓄積されている体脂肪は、エネルギー源として消費されることで減少します。
また、食事から摂り入れた脂質や糖質などの栄養もエネルギーとして消費されますので、エネルギーとして消費されない分は脂肪となって蓄積します。
つまり、脂肪を燃やすためには脂肪を積極的にエネルギーに作り換えることが重要なのです。

脂肪代謝を促し、エネルギーとして変換するためにはビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンなど補酵素となる様々な栄養が必要です。
血液は体中に必要な栄養や酸素を届ける働きがありますので、血流が悪くなると、必要な栄養が届かず、エネルギー生産効率が低下します。
エネルギー生産効率が落ちると、脂肪が上手くエネルギーに変わらず、脂肪となって蓄積されやすくなります。
すっぽんを摂って血液がサラサラになると栄養や酸素が十分に行き渡りますので、エネルギー生産効率も高まり、脂肪燃焼効率も高まります。

ほかにも、血行不良になると体温が低下しやすくなりますので、基礎代謝の低下を招く恐れもあります。
基礎代謝が低くなると同じ食事量を摂っても太りやすく痩せにくくなります。
血液循環が良くなると体温も上昇しやすく、基礎代謝の低下を予防するだけでなく向上も期待できます。
基礎代謝が上がると太りにくく痩せやすい体になりますので、脂肪燃焼効率が上がります。

美肌効果

詳しい情報

血液循環が良くなると、新陳代謝も活発になります。
新陳代謝が活発になると肌のターンオーバーも正常化しやすくなります。
正常なターンオーバーが繰り返されると古い肌細胞と新しい肌細胞の入れ替わりがスムーズになりますので、健やかな肌を保てます。

また、ターンオーバーが正常に繰り返されると、シミやそばかすの原因となるメラニン色素も排出しやすくなります。
さらに、ターンオーバーが正常に行われると肌のバリア機能が正常に維持されますので、乾燥や紫外線ダメージなどの刺激に強い肌になります。
ほかにも、ターンオーバーが正常化すると、新しい角質を維持できますので、化粧水や美容液成分が浸透しやすくなります。

すっぽんを摂って血行不良を予防・改善へ

血行不良になると様々な不調を引き起こしますが、血液がサラサラになるとたくさんのメリットがあります。
今回ご紹介したメリットを実感したい方はもちろん、血行不良を予防・改善するなら、血液サラサラ作用を持つ栄養が豊富に含まれるすっぽんの摂取をおすすめします。