つま先、指先の肌荒れ予防・改善にすっぽんが効果的!

自律神経を整えて指先の肌荒れを予防・改善

すっぽんは自律神経を整えることで、指先の肌荒れを予防・改善します。

というのも、水仕事を毎日している人や手に負担のかかる仕事をしていない人でも、つま先や指先の肌荒れが起きることがあります。
これは心身のストレスによって自律神経が乱れることが原因だと考えられます。

自律神経が乱れると血管が収縮し、血液の流れが悪くなります。
血液の流れが悪くなると、皮膚の再生や修復に必要な栄養や酸素を指先やつま先などの末端にまで届けることができなくなります。
これにより、肌の再生や修復が滞り、肌のバリア機能も低下することで、指先やつま先が荒れてしまうのです。

すっぽんには神経伝達物質のセロトニンの分泌を促すトリプトファンとビタミンB6が含まれています。
セロトニンは精神を安定させることで、心身の乱れを整えます。
また、すっぽんには緊張や興奮を鎮めるカルシウムやマグネシウムなども含まれていますので、乱れた自律神経を整えるようにサポートします。

すっぽんは健やかな皮膚を保つ

ほかにも、すっぽんは肌のうるおいを維持したり、新陳代謝を促すことで肌荒れを予防・改善し、健やかな皮膚を保ちます。
では、すっぽんが皮膚の健康を保つ働きを3つご紹介します。

血行不良を予防・改善

すっぽんには血行不良を改善する栄養素が豊富です。

上記でも述べたように、血行不良になると皮膚の再生や修復が滞り、肌荒れを引き起こしたり、肌荒れを悪化させたりします。

すっぽんには、血液をドロドロにする過酸化脂質をつくる活性酸素を除去するコエンザイムQ10とビタミンEが含まれています。さらに血中の赤血球を柔らかくして血液をサラサラにするEPAも含まれています。
血行不良を改善することで、手や指先の肌荒れを予防します。

肌の潤いを維持・向上

すっぽんには肌の潤いを維持するうるおい成分が含まれています。

肌が荒れる一因はうるおい不足によって起こる乾燥にあります。
肌が乾燥すると肌のバリア機能も低下します。
肌のバリア機能が低下すると、肌は敏感になり、ちょっとした刺激でも荒れやすくなります。
肌のバリア機能を維持するためには、肌にうるおいを与え、乾燥を予防することが重要です。

すっぽんには肌のうるおいを保つコラーゲンやヒアルロン酸が含まれていますので、乾燥を防ぎ、バリア機能を正常に保ちます。

新陳代謝を促進

すっぽんに含まれる栄養素は新陳代謝を促進して、肌の正常なターンオーバーを助けます。

新陳代謝が低下すると肌のターンオーバーも乱れやすくなります。
肌のターンオーバーが乱れると、肌のうるおいやバリア機能が低下して、肌荒れが起きやすくなります。

すっぽんには新陳代謝を活性化するビタミンAや亜鉛、皮膚や粘膜を健やかに保つビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、血液の質を改善して代謝を促すビタミンE、コエンザイムQ10などが含まれています。
新陳代謝が活発になると肌のターンオーバーも正常化しやすくなりますので、肌荒れの予防・改善を導きます。

成長ホルモンの分泌を促す

すっぽんは、質の良い睡眠をサポートすることで肌の修復に大切な成長ホルモンの分泌を促します。

成長ホルモンは疲労を回復したり、免疫力を高めるだけでなく、肌細胞の再生・修復、肌の水分量の維持、新陳代謝の活性化など、肌荒れの予防・改善に有効な働きをいくつも担っています。
健やかな肌を保つために重要な成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯は睡眠中ですので、睡眠の質が悪いと、成長ホルモンが十分に分泌されません。

すっぽんに含まれるグリシンは、血管を拡張することで体温を放熱し、深部体温を下げることでスムーズな入眠を促します。
また、すっぽんに含まれるトリプトファンは質の良い睡眠をサポートする睡眠ホルモン「メラトニン」をつくるセロトニンの材料ですので、すっぽんを摂ることでメラトニンの生成を促します。
すっぽんは質の高い睡眠へと導くことで成長ホルモンの分泌を促し、肌荒れを予防・改善します。

すっぽんで乾燥に強い健やかな肌をつくる

このように、すっぽんにはつま先や指先だけでなく、全身の肌荒れを予防・改善する働きがあります。
水仕事や皮膚に負担をかける作業をしているわけではないのに肌が荒れるという方は、皮膚に直接アプローチするだけでなく、すっぽんで身体の内側からアプローチすることをおすすめします。