妊娠中の栄養補給にすっぽんサプリは良い?

妊娠中はすっぽんサプリで栄養補給を!

すっぽんには妊娠中の栄養補給にもおすすめです。
その理由は、すっぽんに含まれる、たんぱく質、葉酸、ビタミンD、カルシウム、鉄分、DHA、EPA、亜鉛にあります。
これらの栄養成分は、妊娠中のお母さんの健康を守ったり、赤ちゃんの成長を促したりするためにとくに必要とされる栄養なのです。
では、すっぽんに含まれるこれらの栄養成分が妊娠中にどのように活躍するのかをご紹介します。

たんぱく質は赤ちゃんの身体をつくる材料になる

すっぽんに含まれるたんぱく質は、骨、筋肉、皮膚、血液、内臓など、人の体を構成する主成分ですので、胎児の成長にも欠かせない栄養です。
もちろん、胎児だけでなく母体の健康維持にもたんぱく質は必要です。
たんぱく質が不足すると赤ちゃんの体力や免疫力が低下したり、成長障害を引き起こすリスクが上がります。

葉酸は妊娠初期に特に重要

すっぽんに含まれる葉酸は、子宮内膜を厚くして妊娠しやすい環境を整える助けをします。
また、葉酸には細胞分裂をサポートする作用がありますので、妊娠初期にしっかりと葉酸を摂っていると二分脊椎症やダウン症などの神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減します。
葉酸は一度にたくさん摂っても体内に貯めておけない水溶性ビタミンですので、毎日積極的に補給する必要があります。

ビタミンDは赤ちゃんの免疫機能と骨をつくる

すっぽんに含まれるビタミンDは、免疫機能を調整したり、骨や筋肉などの合成にかかわったりと様々な役割を担っているビタミンです。
ビタミンDが不足すると赤ちゃんの骨や筋肉の発達が遅れたり、免疫機能が低下しやすくなり、お母さんだけでなく、赤ちゃんも感染症にかかるリスクが高まります。
とくに肥満気味の女性や日光に当たることの少ない女性はビタミンDが不足しやすいので、
食事から積極的に摂る必要があります。

カルシウムは妊娠後の骨粗しょう症を防ぐ

すっぽんに含まれるカルシウムは、骨や歯を作る主成分となるミネラルです。
妊娠中にカルシウムが不足しても赤ちゃんへの影響はほとんどありません。
しかし、妊娠中にカルシウムが不足すると母体の骨を溶かしてカルシウムを補わなければなりませんので、妊娠後のお母さんの歯や骨が脆くなり、骨粗しょう症のリスクが上がります。

鉄分は貧血を防ぐ

すっぽんに含まれる鉄分は、血中の赤血球に含まれるヘモグロビンの材料となる栄養です。
鉄分が不足してヘモグロビンが十分に生成されなくなると、身体は酸素を上手く運べなくなり、貧血になります。
血液は赤ちゃんに栄養や酸素を届ける役割がありますので、お母さんが貧血になると赤ちゃんにも十分な栄養や酸素が届けられず、赤ちゃんの発育が低下する恐れがあります。
すっぽんには鉄分だけでなく、単体では吸収の悪い鉄分の吸収を良くするビタミンB6、ビタミンB12、葉酸も含まれています。

DHA・EPAは赤ちゃんの脳や神経の発達を促す

すっぽんに含まれるDHAとEPAは血液をサラサラにしたり、神経細胞を活性化したりする働きがあります。
妊娠中にDHAとEPAを摂ると、赤ちゃんの脳や神経系の発達を助けます。
また、お母さんの血液がサラサラになることで、赤ちゃんに栄養や酸素が生き渡りやすい状態になりますので、赤ちゃんへの栄養不足を防ぐことにも繋がります。

亜鉛は赤ちゃんの成長を促す

すっぽんに含まれる亜鉛は、たんぱく質の合成を助ける大切なミネラルです。
亜鉛を摂ってたんぱく質の合成が活発になることで、赤ちゃんの成長を促します。
また、亜鉛は妊娠初期から中期にかけて摂ることで赤ちゃんの中枢神経の発達をサポートする働きもあります。
亜鉛は新陳代謝を活発にする働きもありますので、活動が低下して代謝が落ちやすい妊娠中のお母さんの心身のバランスを保つ役割もあります。

妊娠中はすっぽんサプリで栄養を補う!

妊娠中は味の好みが変わったり、つわりによって食欲が低下したりして、バランスよく栄養を補給することが難しくなります。
しかし、自分の体のためにもお腹の赤ちゃんの健康のためにも必要な栄養を積極的に摂らなければなりません。
すっぽんには妊娠中に必要な栄養成分がバランスよく含まれていますので、栄養が偏りやすい時期の強い味方となります。
すっぽんをそのまま摂るのは難しいでの、すっぽんの栄養がぎゅっと詰まったすっぽんサプリがおすすめですよ。
妊娠中はすっぽんサプリで栄養を補給しましょう!