不眠症はすっぽんサプリで改善へ

不眠症とは?

不眠症は以下、4つの症状に分けられます。
(1)入眠障害
布団に入ってもなかなか寝付けなくて、入眠までに時間がかかる。
(2)中途覚醒
入眠できても眠りが浅くて途中で何度も目が覚めてしまう
(3)早朝覚醒
起床時間よりも1~2時間以上早い早朝(3~5時など)に目が覚めてしまう
(4)熟眠障害
十分な睡眠時間は確保できているのに、ぐっすり眠れた感覚が得られない

不眠症の主な原因は、ストレスの蓄積、生活環境の変化、生活習慣の乱れなどの要因が複数重なることで起こると考えられています。
そんな不眠症の予防・改善に効果的な食べ物がすっぽんです。

不眠症対策にはすっぽんが良い

ではなぜすっぽんが不眠症対策に効果的なのでしょうか?
今回はすっぽんが不眠症対策に有効な理由を3つご紹介します。

自律神経を整える

自律神経は、交感神経(緊張・活動モード)と副交感神経(休息・リラックスモード)の2つの神経が状況に応じて優位になることで、心身のバランスを保っています。
スムーズな入眠には、当然、心身をリラックスさせる副交感神経が優位になることが大切です。
すっぽんには血液をサラサラにして、血液循環を良くするEPAやビタミンEが含まれています。
血流が良くなると副交感神経が優位になりやすいので、すっぽんで血液循環を良くすることが有効です。
また、すっぽんエキスには、精神を安定させる神経伝達物質「セロトニン」の材料となるトリプトファンや、興奮や緊張を鎮めるカルシウムやマグネシウムも含まれていますので、交感神経を鎮めて、副交感神経が優位な状態を導きます。
睡眠前に副交感神経が優位になるとスムーズな入眠が期待できますので、不眠症の予防・改善に繋がります。

メラトニンの生成を促す

スムーズな入眠のためにはメラトニンというホルモンの分泌を活発にすることも大切です。
メラトニンは体内時計を調節したり、睡眠と覚醒のリズムを調節したりすることで、質の良い睡眠を促すホルモンです。
不眠症の治療薬にもメラトニンと同じ働きをするメラトニン受容体作動薬が用いられているほど、質の良い睡眠に高い効果を発揮します。
すっぽんに含まれるトリプトファンはメラトニンの原料となるセロトニンの材料ですので、トリプトファンを十分に摂ることでメラトニンの生成も活発になります。
メラトニンがしっかりと分泌されることで質の高い睡眠が期待できます。

質の良い睡眠を促す

人の体は眠りに入るときに脳や内臓などの深部体温が下がることで、ぐっすりと眠りにつくことができます。
深部体温が上手く下がらないと布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、寝付けても眠りが浅くなってしまい、不眠を引き起こします。
すっぽんに含まれるグリシンには血管を拡張することで体温を放熱し、深部体温を下げる働きがあります。

また、グリシンはノンレム睡眠の時間を増やす働きもあります。
というのも、睡眠中には身体を休める時間の「レム睡眠」と脳を休める時間の「ノンレム睡眠」が一定の間隔ごとに交互に繰り返されています。
ノンレム睡眠はレム睡眠よりも深い眠りですので、ノンレム睡眠の間隔が長くなると熟睡感が増し、朝スッキリと起きられるといわれています。
グリシンは、スムーズな入眠を促すだけでなく、質の良い眠りのサポートもしてくれるのです。

すっぽんで睡眠習慣を整える

不眠症になると、十分な回復ができない状態が続きます。
すると、日中でも疲労感や倦怠感に悩まされるだけでなく、集中力が低下したり頭痛やめまいが起きたり、うつ症状、食欲不振などさまざまな不調を引き起こすリスクを高めます。
すっぽんには不眠症を予防・改善へと促す働きがありますので、不眠症で悩まれている方はもちろん、朝スッキリと起きられない方、十分眠っているのに疲れがとれていないと感じる方、眠りの質を高めたい方にもおすすめですよ。