ビタミン不足は病気の元

食生活が豊かになってきた現代ですが、実はまだまだ食生活による病気なども多くあります。
食べるものが豊富な上の、栄養過多による肥満などもそうですが、簡単に摂れるファーストフードやお菓子などが身近になってきた分、
栄養などの偏りも多くなり、慢性的なビタミン不足なども少なくなく、鐚便不足から起こる疾病に悩まされている人もいます。

大昔、まだビタミンが発見されていない頃に、不可解な症状に悩まされたり、
大航海時代や戦地では多くの人間が壊血病で亡くなってしまうということがあり、
それらのことがあって研究が進みビタミンが生命を維持する上で重要な栄養素であるということがわかりました。

では、実際にビタミンが不足することによってどのような疾病を引き起こすのでしょうか。

<ビタミンB1不足>
日本でも明治時代には1年間で1万人もの死者を出していたという病気、脚気。
脚気の検査で膝を叩くというのを思い浮かべると思いますが、脚気は腱反射の消失の他にも心臓の肥大をもたらします。

<ビタミンB12不足>
昔は原因不明でしに至ることが多かった悪性貧血。
黄疸などの症状が現れ、血液中には異常に大きな赤血球が出現するという進行性の貧血です。

<ビタミンC不足>
大航海時代には多くの人間が命を落とした壊血病。
歯茎や皮膚から出欠を起こし、貧血や体重減少、免疫力の低下を引き起こします。

<ビタミンD不足>
日照りの少ない地方で多発していたくる病(成人になってからの発症は骨軟化症という)。
カルシウムが骨に沈着しないで骨が盛り上がってしまい、肋骨のこぶやはと胸、低身長などが起こります。

<ナイアシン(ビタミンB3)不足>
アルコール依存症で偏食の人に多く見られ、イタリア語で「荒れた肌」であるペラグラ。
皮膚の炎症や消化器系の異常から、中枢神経にも以上が起こり痴呆も現れます。

このように、完全なビタミン不足による疾病を引き起こすまでの人は現代では少ないものの、
「身体がだるい」「肌荒れがひどい」などの不調を抱えている人は多く、ビタミン欠乏症予備軍と言えます。
食生活に気をつけることはもちろん、足りないと思う栄養素はサプリメントなどで補うなどして、病気になる前に防ぎましょう。
すっぽんにはビタミンやアミノ酸など、体に必要な栄養素がたくさん含まれています。
魅力的なすっぽんの健康効果としては疲労回復や、滋養強壮などがあるのでおすすめです。