男性必見!すっぽんで丈夫な身体を維持・強化へ

すっぽんは男性の健康づくりをサポート!

すっぽんには男性のあらゆる身体の悩みを解消へと導く働きがあります。
そこで今回は男性に嬉しいすっぽんの健康効果を5つご紹介します。

薄毛、抜け毛の予防・改善

すっぽんには薄毛や抜け毛を予防・改善へと促す4つの働きがあります。
それが以下の4つです。

頭皮環境を整える

詳しい情報

薄毛や抜け毛が起こる要因は髪の毛が生え変わるヘアサイクルの乱れにあります。
ヘアサイクルが乱れると毛髪が生える成長期の期間が短くなったり、または毛髪が自然と抜け落ちていく休止期や退行期が長くなったりします。
ヘアサイクルの乱れを改善するためには頭皮環境を整えることが重要です。
すっぽんには、過剰な皮脂分泌を抑制して毛穴詰まりを予防するビタミンB2や新陳代謝を促すビタミンB1、ビタミンB6、亜鉛などのビタミンがバランスよく含まれています。
頭皮環境を正常に維持することで、薄毛・抜け毛を予防します。

発毛をサポート

詳しい情報

髪の毛が生えてくる場所は頭皮に存在する毛母細胞という細胞です。
毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで髪の毛が成長します。
すっぽんにはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミン12、葉酸など細胞の代謝を促進し、毛母細胞や毛母細胞の細胞分裂を活発にするビタミンが豊富に含まれています。

ただし、食事から摂り入れた栄養を毛乳頭まで届ける役割を持っているのは血液ですので、どんなに発毛をサポートする栄養を摂っても血液の流れが悪いと栄養は十分に届きません。
しかし、すっぽんには血液の流れを促すEPAやビタミンEが含まれていますので、摂取した栄養をしっかりと毛乳頭に届け、発毛をサポートします。

ケラチンの生成を促進

詳しい情報

髪の毛の主成分はタンパク質が原料のケラチンですので、ケラチンが不足すると丈夫な髪の毛が生成されないだけでなく、今ある髪の毛も細くなってしまい、薄毛や抜け毛を引き起こす可能性があります。
すっぽんにはケラチンの原料のアミノ酸やタンパク質が豊富に含まれているだけでなく、タンパク質の吸収を促進するビタミンB6や亜鉛も含まれていますので、ケラチンの生成を促します。
また、すっぽんには髪の毛にハリやツヤを与えるコラーゲンや、コラーゲンの原料となるアミノ酸、コラーゲンの合成を促すプロリンやグリシンも含まれていますので、丈夫な髪の毛づくりをサポートします。

脱毛因子の抑制

詳しい情報

AGA(男性型脱毛症)を始めとした薄毛や抜け毛の原因は、体内に存在する5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結合することで生成されるジヒドロテストステロンという脱毛因子にあります。
すっぽんに含まれる亜鉛は5αリダクターゼを抑制し、脱毛因子のジヒドロテストステロンの生成を予防する働きがあります。
すっぽんは脱毛因子の生成を抑制することで薄毛や抜け毛の進行を抑えます。

男性機能の維持・向上

すっぽんには男性機能を維持・向上する3つの働きがあります。
それが以下の3つです。

血液を改善

詳しい情報

男性器は、視聴覚からの刺激→大脳の中枢神経が興奮→陰茎の動脈が拡張→陰茎海綿体への血液量が増加することによって正常な勃起をします。
しかし、陰茎海綿体へ十分な血液が流れないと正常な勃起が得られず、満足な性交が行なえない状態となり、勃起不全(ED)を引き起こします。

勃起不全の一因に血行不良があります。
血行不良になると骨盤内に上手く血液が届かず、勃起力が低下します。
すっぽんには、一酸化窒素を生成することで血管を拡張し血液の流れを促すアルギニンや、血液サラサラ効果を持つEPAが含まれています。
すっぽんで血流を改善することで勃起力の低下を予防します。

生活習慣病を予防

詳しい情報

勃起不全の一因は高血圧、高血糖、肥満、糖尿病、動脈硬化、心疾患などの生活習慣病にもあります。
生活習慣病の一歩手前の状態になったり、生活習慣病になると、動脈硬化が悪化します。
動脈硬化によって血流が悪くなり、血管が詰まりやすくなると陰茎海綿体の血流障害が起こったり、ホルモンバランスが乱れたりしますので、男性機能を正常に維持するめには生活習慣病を予防・改善することも大切です。

動脈硬化を悪化させる原因は血管内の過酸化脂質にあります。
過酸化脂質は血中の脂肪と体内で発生した活性酸素が結合することによって生成されます。
すっぽんには体内で増え過ぎた活性酸素を除去するビタミンEやコエンザイムQ10が含まれていますので、過酸化脂質を予防し、動脈硬化の悪化を防ぎます。
これにより、生活習慣病のリスクを軽減し、男性機能を正常に維持します。

テストステロンの分泌を促す

詳しい情報

男性の身体を司っているのは男性ホルモンです。
中でも、テストステロンは男性ホルモンの大部分を担っているホルモンですので、テストステロンの分泌が低下すると男性機能も低下しやすくなります。
テストステロンの減少に深く関わっている栄養成分が亜鉛です。
亜鉛が不足すると精巣が萎縮し、テストステロンの分泌が低下します。
テストステロンの分泌低下は勃起不全のリスクを高めます。

すっぽんにはテストステロンの分泌をサポートする亜鉛だけでなく、テストステロンの分泌を促すアルギニンも含まれていますので、すっぽんを摂ってテストステロンの分泌の低下を防ぐことで、男性機能の維持・向上が期待できます。

肝機能の強化

すっぽんには肝機能を強化する3つの働きがあります。
それが以下の3つです。

肝臓の負担を軽減

詳しい情報

すっぽんには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、パントテン酸、ナイアシン、葉酸など、糖質や脂質、タンパク質などのエネルギー代謝を促すビタミンがバランスよく含まれています。
これらのビタミンが不足するとエネルギー代謝が低下して、肝臓への負担が大きくなりますが、すっぽんでエネルギー代謝を促すビタミンを摂ることで肝臓への負担を減らします。

また、すっぽんにはアルコールの分解を促すアラニンや、解毒作用を高めるタウリンやメチオニン、体内のアンモニアを取りこんで無毒化し、無毒化したアンモニアの排出を促すグルタミン酸なども含まれています。
すっぽんは肝臓の働きを促すことで、肝機能を強化します。

肥満の予防・解消

詳しい情報

中性脂肪が多くなると肝臓にも脂肪が蓄積して脂肪肝になります。
脂肪肝になると肝臓全体の機能が低下するだけでなく、肝細胞の30%以上に脂肪が蓄積すると肝硬変や肝細胞がんへと進行するリスクが高まります。
肝機能の低下を防ぎ、強化するためには、中性脂肪の蓄積を防ぎ、肥満を予防・改善することが大切です。

すっぽんには筋力を維持・向上するバリン、ロイシン、イソロイシンが含まれています。
筋力は脂肪燃焼力に関わる基礎代謝量と比例していますので、筋力が大きくなると、脂肪燃焼力も大きくなります。
すっぽんで筋力を維持・向上し、脂肪燃焼力を高めることで、中性脂肪の蓄積を防ぎます。

また、すっぽんにはエネルギー生産効率を高めるコエンザイムQ10も含まれています。
エネルギー生産効率が低下すると、食事から摂り入れた脂質、糖質、タンパク質などのエネルギー源がエネルギーとして上手く消費されず、脂肪となって蓄積してしまいます。
すっぽんでエネルギー生産効率を高めることで、脂肪の蓄積を防ぎます。

さらに、すっぽんに含まれるアミノ酸、ビタミン、ミネラルは代謝を高めて、脂肪の蓄積を防ぎます。
すっぽんで脂肪燃焼力を高めることで、肝機能の低下を防ぎます。

睡眠の質を高める

詳しい情報

肝機能を正常に維持するために大切なことの一つが睡眠です。
というのも、人の体は立っている姿勢から寝る姿勢になると肝臓への血液供給量がおよそ4倍も増えます。
つまり、睡眠が不十分だと肝臓への血液が不十分になり、肝機能の回復が遅れて、肝臓の働きが低下しやすくなるのです。
すっぽんには、睡眠の質を高めるために必要な睡眠ホルモンのメラトニンをつくるセロトニンの材料であるトリプトファンや、セロトニンの分泌を促すグリシンが含まれていますので、質の良い睡眠をもたらします。
すっぽんで十分な睡眠をとることで、肝臓の回復を促し、肝機能を強化します。

メタボの予防・改善

すっぽんにはメタボを予防・改善する3つの働きがあります。
それが以下の3つです。

基礎代謝UP

詳しい情報

基礎代謝量は、人が生命を維持するために消費する最低限のエネルギーのことです。
簡単にいうと、座ったり、寝ていたり安静にしている状態でも消費されるエネルギーのことです。
例えば、同じ食事量を摂っても、基礎代謝が高い人は食事から摂った栄養が積極的にエネルギーとして消費されまずが、基礎代謝が低い人は食事から摂った栄養が全てエネルギーとして消費されず、運動などの活動によって消費されなければ脂肪となって蓄積します。
つまり、基礎代謝が高い人は痩せやすく太りにくいのです。

基礎代謝は筋肉量に比例して増減しますので基礎代謝を上げるためには、筋力を増やすことが重要です。
すっぽんに含まれる必須アミノ酸、BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)は、筋タンパク質(筋肉を構成するタンパク質)の生成を促したり、筋タンパク質の分解を抑えたりする働きがあります。
すっぽんは筋力の維持・向上を促すことで、痩せやすく太りにくい身体をつくります。

エネルギー生産効率UP

詳しい情報

食事から摂り入れたエネルギー源(糖質、脂質、タンパク質)はそのまま体のエネルギーとして消費されるのではなく、細胞内のミトコンドリアの中でATPと呼ばれる体の直接的なエネルギーに作り換えられることで消費されます。
ですから、どんなに食事からエネルギー源を摂り入れても、ミトコンドリアによってATPに作り換えられなければ、体内で消費されず、脂肪となって蓄積してしまいます。
すっぽんに含まれるコエンザイムQ10はミトコンドリアの働きを助けることで、エネルギー生産効率を高めます。
エネルギー生産効率が良くなると、食事から摂り入れたエネルギー源が積極的に消費されますので、痩せやすく太りにくくなります。

脂肪の分解を促進

詳しい情報

体に蓄積した脂肪はそのままの状態では消費されません。
蓄積した脂肪は、分解されてから消費されます。
すっぽんには、脂肪を燃やすために欠かせない脂肪分解酵素「リパーゼ」を活性化するプロリンが含まれていますので、脂肪のスムーズな分解を促し、エネルギー消費をサポートします。
また、すっぽんに含まれるトリプトファンは糖質や脂質を代謝・分解してくれるナイアシンを生成することで、脂肪をエネルギーとして消費しやすい状態をつくります。
すっぽんで脂肪の分解を促すことで、内臓脂肪や皮下脂肪の増加を抑制し、中性脂肪の減少を促進します。

動脈硬化の予防

すっぽんには動脈硬化を予防する4つの働きがあります。
それが以下の4つです。

赤血球を柔らかくする

詳しい情報

血中に存在する赤血球から弾力性が失われ、硬くなると、血液が毛細血管をスムーズに通ることができなくなります。
すると血流が悪くなり、動脈硬化を引き起こしたり、悪化させたりします。
動脈硬化を予防し、悪化を食い止めるためにはしなやかな赤血球を保ち、血流の流れをスムーズにすることが大切です。
すっぽんに含まれるEPAは、血中の赤血球に取りこまれると、赤血球を柔らかくして、血液をサラサラにする効果があります。
すっぽんによってしなやかな赤血球を維持することで、動脈硬化を予防します。

糖代謝、脂質代謝、アルコール代謝を促す

詳しい情報

脂肪分や糖分を過剰に摂取したり、アルコールを大量に摂取したりといった乱れた食習慣は、血液をどろどろにして、動脈硬化を悪化させます。
すっぽんには、糖代謝、脂質代謝を促すビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸、ナイアシンなどのビタミンがバランスよく含まれています。
また、すっぽんにはアルコールの分解を促すアラニン、解毒作用を高めるタウリンやメチオニンなど、アルコール代謝を促進するアミノ酸も含まれています。
これにより、どろどろ血液を予防し、動脈硬化の進行を防ぎます。

ストレスを緩和する

詳しい情報

精神的なストレスは血中の血管を収縮して、血圧を上昇させるカテコラミンという物質を増やします。
血圧の急上昇が繰り返されると血管壁は傷つきやすくなり、動脈硬化が悪化します。
動脈硬化の進行を防ぐためには、ストレスを緩和し、精神を安定させることが大切です。
すっぽんには、精神を安定させるセロトニンの分泌を促すグリシンや、セロトニンの材料となるトリプトファンが含まれているだけでなく、神経の興奮や緊張を鎮めるカルシウムやマグネシウムなども含まれています。
心を落ち着かせてストレスを和らげることで、動脈硬化の悪化を抑制します。

過酸化脂質の生成を抑制

詳しい情報

血液をどろどろにして血管を詰まらせる大きな原因が活性酸素です。
活性酸素は、体内に侵入してきた病原菌を攻撃してくれる役割を持っているのですが、体内で増え過ぎると健康な細胞までも傷つけてしまいます。
さらに、活性酸素は脂肪と結合する性質を持っていますので、血中の脂肪と結びつくことで血液をどろどろにする過酸化脂質を生成します。
すっぽんには、活性酸素を除去するビタミンEやコエンザイムQ10が含まれていますので、過酸化脂質の生成を防ぎます。
過酸化脂質の生成を抑制することで、動脈硬化の進行を防ぎます。
動脈硬化は高血圧や高血糖、心筋梗塞や脳梗塞など様々な生活習慣病を引き起こす要因ですので、すっぽんで動脈硬化を予防することで、生活習慣病のリスクも減らします。

健康に自信を持ちたい男性はすっぽんの摂取を!

すっぽんはコラーゲンやヒアルロン酸など、美容に良い成分が豊富に含まれていることから、女性人気が高いですが、男性の健康を維持するためにも大切な栄養成分がバランスよく含まれています。
年齢を重ねても健康に自信を持ちたい男性は、すっぽんの摂取がおすすめですよ。