「コラーゲン」と「ゼラチン」は何が違うの?

コラーゲンとゼラチンの違い

すっぽんには豊富なコラーゲンが含まれています。
すっぽんには様々な健康食品が存在しますが、すっぽんのコラーゲンを美味しく摂るために、コラーゲンをゼラチンにしたすっぽんゼリーなどもあります。
コラーゲンとゼラチンの違いは、簡単に言えば、私たちの皮膚や髪を作っているのがコラーゲンで、コラーゲンを消化・吸収しやすくしたものがゼラチンです。

(1)コラーゲン
コラーゲンは、すっぽんを始めとした動物や、魚の皮や骨に含まれているたんぱく質の一種です。
人の皮膚や骨、髪などを構成するために欠かせません。
コラーゲンの特徴は、通常のたんぱく質と異なり、アミノ酸が100個ほど繋がってできているペプチド鎖が、3本螺旋になって組み合わされていることです。少し複雑な構造をしているため、コラーゲンそのままの形では、体内に吸収されにくい性質があります。

(2)ゼラチン
コラーゲンに熱を加えて、抽出・精製し、消化吸収しやすくしたものがゼラチンです。人工的に加熱して生成するので、もともと動物の体内に存在するタンパク質ではありません。
コラーゲンはペプチド鎖が3本螺旋になって組み合わされていますが、ゼラチンは加熱によってコラーゲンの形が変性しています。

コラーゲンとゼラチンは同じではない

コラーゲンを加熱したものがゼラチンならば、ゼラチンもコラーゲンも同じなのでは?と思いますよね。
しかし、コラーゲンはペプチド鎖3本が螺旋になって組み合わされているという特徴がありますので、ゼラチンとなってこの形が変性してしまうと、それはもうコラーゲンと同じとはいえません。

ゼラチンはコラーゲンに比べて消化・吸収が良いという大きな利点がありますが、ゼラチンに変性することで保湿力・保水力が低下するだけでなく、繊維の再生能力、皮膜生成能力が低下してしまいます。
つまり、美肌やアンチエイジング、バストアップ効果、関節痛の予防効果などを期待している方は、ゼラチンでコラーゲンを摂ると効果実感が得られにくいといえます。

上記の目的ですっぽんを摂る方は、ゼラチンでコラーゲンを摂るよりも、コラーゲンのままで摂ることをおすすめします。

すっぽんを上手に摂る!

すっぽんはそのまま食べるには調理が難しいですし、手に入りにくいというデメリットがあります。
すっぽんを手軽に摂るには、すっぽんの成分を閉じ込めた健康食品がおすすめです。
すっぽんの健康食品には、サプリメント、ゼリー、粉末タイプ、ドリンクなど、様々なタイプが存在しますが、コラーゲンの効果を十分に得たい方は、ゼリーで摂るよりもサプリメントで摂ることをおすすめします。