すっぽんには「アミノ酸」が豊富!

すっぽんに含まれるアミノ酸

滋養強壮に良いすっぽんが持つパワーの源は豊富に含まれるアミノ酸にあります。
アミノ酸は、アミノ酸単体やタンパク質の構成物質として、皮膚、筋肉、血液、臓器、髪の毛などを作る材料になります。
つまり、アミノ酸は人が健やかに生きていくためには必要不可欠な栄養成分なのです。

すっぽんには、体内で合成することのできない9種類の必須アミノ酸が全て含まれているだけでなく、体内で合成はできるものの年齢とともに合成量が減少していく非必須アミノ酸も含まれています。
では、すっぽんに含まれるアミノ酸を摂るとどのような健康効果が期待できるのでしょうか?

アミノ酸が持つ効果

疲労回復

詳しい情報

すっぽんに含まれる非必須アミノ酸のアスパラギン酸は、体内でエネルギーを産生するTCAサイクル(クエン酸回路)に働きかけることで筋肉疲労の一因である乳酸の分解を促したり、エネルギー源であるグリコーゲンの生成を促したりすることで疲労回復を促進します。

また、すっぽんに含まれる必須アミノ酸のトリプトファンは、スムーズな入眠を促す「メラトニン」というホルモンを作るセロトニンの材料になります。
さらに、すっぽんにはセロトニンの分泌を促す非必須アミノ酸のグリシンも含まれていますので、メラトニンの分泌を促し、質の良い睡眠を導きます。
質の良い睡眠を誘うことで、心身の疲労回復を促します。

筋力の維持・向上

詳しい情報

すっぽんに含まれる必須アミノ酸、バリン、ロイシン、イソロイシンは、「BCAA」と呼ばれています。
バリンは血中の窒素バランスを保つことで筋肉の成長をサポートします。
ロイシンは筋タンパク質(筋肉を構成するタンパク質)の中で最も割合が高いアミノ酸ですので、筋肉作りに必要不可欠です。
また、ロイシンはインスリンの分泌を促して、筋タンパク質の分解を抑える働きもあります。
イソロイシンは筋肉の成長を促すだけでなく、グリコーゲンの生成を促進して疲労回復を促す働きもあります。

アミノ酸は筋肉の維持や成長に欠かせない材料なのですが、アミノ酸の中でもとくにBCAAを積極的に摂ることで筋肉の成長を促します。

免疫力の維持・向上

詳しい情報

疲労や運動などによって筋肉がダメージを受けると、壊れた筋肉を修復するためにアミノ酸が大量に消費されます。
筋肉の修復作業の際にアミノ酸が不足すると、免疫機能を維持しているアミノ酸まで使用されてしまうため、体内のアミノ酸が不足すると免疫機能が低下しやすくなります。
すっぽんには豊富なアミノ酸が含まれているだけでなく、筋タンパク質の修復に効果的なBCAAも含まれていますので、すっぽんを摂ることで免疫機能を維持しているアミノ酸の消費を防ぎます。
これにより、免疫機能の低下を予防します。

また、すっぽんに含まれる必須アミノ酸のリジンは細菌やウイルスの侵入を防ぐ抗体を作る働きを持つだけでなく、感染症に対する抵抗力を高める働きもあります。
さらに、すっぽんに含まれる非必須アミノ酸のアルギニンは、体内に侵入してきた細菌やウイルスを食べてくれる免疫細胞「マクロファージ」の活性化を促す働きがあります。
すっぽんを摂ることで免疫機能を維持・向上へと導きます。

肝機能の維持・向上

詳しい情報

すっぽんに含まれる必須アミノ酸のメチオニンは、肝臓の解毒作用を助けたり、コレステロールを減少させて脂肪の蓄積を防ぐ働きがあります。
また、すっぽんに含まれる非必須アミノ酸のアラニンは、アルコールの分解を促したり、アンモニアの解毒作用を助けたりする働きがあります。
ほかにも、すっぽんに含まれる非必須アミノ酸のグルタミン酸は、体内のアンモニアを取り込んでグルタミンを合成し、アンモニアを無毒化してくれるだけでなく、無毒化されたアンモニアの排出を促す働きもあります。

さらに、すっぽんに含まれる必須アミノ酸のスレオニンは代謝を高めて、肝臓の脂肪の蓄積を予防する働きがあります。
肝細胞の30%以上に脂肪が蓄積すると肝硬変や肝細胞がんへと進行する恐れがある脂肪肝になりますので、肝臓の脂肪の蓄積を防ぐことが重要です。
すっぽんは肝機能の維持・向上だけでなく、肝臓病のリスクの軽減にも効果的です。

精神安定効果

詳しい情報

すっぽんに含まれる必須アミノ酸のトリプトファンは、精神を安定させる神経伝達物質のセロトニンを生成します。
また、すっぽんに含まれる必須アミノ酸のフェニルアラニンとメチオニン、非必須アミノ酸のグルタミン酸も神経伝達物質の材料となるアミノ酸ですので、積極的に摂取することで集中力ややる気を高めたり、不安感を軽減したり、うつ症状を予防したりします。
すっぽんでアミノ酸を摂ることで、精神の乱れを予防し、安定させます。

生活習慣病の予防

詳しい情報

すっぽんに含まれる非必須アミノ酸のアルギニンは、一酸化窒素を産生することで血管を拡張する働きもあります。
血管が拡張すると、血管に流れる血液量が増えたり、血液の流れが促されたりしますので、全身の血液循環が良くなります。
血行不良になると血管が詰まりやすくなり、高血圧や高血糖、心筋梗塞や脳梗塞の引き金となる動脈硬化が悪化しますが、すっぽんで血行を良くすることで動脈硬化の進行を抑制し、生活習慣病を予防します。

肥満の予防・改善

詳しい情報

すっぽんに含まれる非必須アミノ酸のプロリンは、脂肪を燃やすために欠かせない消化酵素「リパーゼ」を活性化する働きがあります。
脂肪は分解されなければ消費されませんので、リパーゼを活性化し、脂肪がスムーズに分解されることでエネルギーとして消費します。
これにより、脂肪の蓄積を防ぎ、内臓脂肪や皮下脂肪の増加を抑えます。
また、すっぽんに含まれる必須アミノ酸のトリプトファンは糖質や脂質を代謝・分解してくれるナイアシンを生成します。
ナイアシンは脂肪を燃やしやすくしてくれますので、トリプトファンを積極的に摂ることで中性脂肪の減少が期待できます。

美肌効果

詳しい情報

すっぽんに含まれる非必須アミノ酸のアラニンとセリンは肌のうるおいを保っている天然保湿因子の大部分を占めているアミノ酸です。
天然保湿因子は肌内部からうるおいを逃さないようにすることで、乾燥を防ぐ働きがありますので、アラニンとセリンが不足すると肌のうるおいが低下し、シワやたるみを悪化させる恐れがあります。
すっぽんでアラニンとセリンを摂ることで肌のうるおいを保ち、シワやたるみを防ぎます。

また、すっぽんに含まれる非必須アミノ酸のプロリンは、肌のハリや弾力を維持しているコラーゲンの合成を促すだけでなく、一度破壊されたコラーゲンを修復する働きもあります。
さらに、すっぽんに含まれる非必須アミノ酸のグリシンも肌のうるおい成分であるコラーゲンやエラスチンの材料になります。
すっぽんでアミノ酸を摂って肌のうるおいや弾力を維持することで、美しい肌を導きます。

美白促進効果

詳しい情報

シミやそばかすの原因はメラニン色素にあります。
そのメラニン色素の素となっているものがメラトニンです。
すっぽんに含まれる非必須アミノ酸のセリンは、メラトニンの生成を抑えてくれるシステインに変化しますので、メラニン色素の生成を抑え、シミやそばかすを予防します。

また、すっぽんに含まれる必須アミノ酸のメチオニンから合成されるシスチンは、メラニン色素を作るチロシナーゼという酵素の働きを抑制したり、肌のターンオーバーを正常化へ促して色素沈着を防ぐ働きがあります。
すっぽんに含まれるアミノ酸はメラニン色素の生成を防ぐことで、美白の邪魔をするシミやそばかすの発生を予防します。

美髪効果

詳しい情報

すっぽんに含まれる必須アミノ酸のリジンは髪の毛の主成分であるケラチンの生成を促す働きがあります。
ケラチンは、今ある髪の毛を健やかに保つためだけでなく、これらから生えてくる髪の毛を作るためにも必要不可欠ですので、不足すると髪の毛が細く抜けやすくなり、薄毛や抜け毛の原因にもなります。
すっぽんはケラチンの生成を促すだけでなく、髪の毛にハリやツヤを与えるコラーゲンの合成を促すプロリンやグリシンも含まれています。

さらに、すっぽんには必須アミノ酸のチロシンも含まれています。
チロシンは髪の毛の色素成分であるメラニン色素の原料になるアミノ酸ですので、不足するとメラニン色素が上手く作られなくなり、白髪の原因にもなります。
メラニン色素はシミやそばかすの原因にもなりますが、紫外線によるダメージを和らげてくれる働きもありますので、美容と健康のためには適度な量を生成することも大切です。
すっぽんに含まれるアミノ酸は健やかな髪の毛の成長を促すだけでなく、白髪の予防にも効果的です。

アミノ酸の摂取はすっぽんで!

アミノ酸は単体でも重要な働きを持っていますが、一緒に摂ることでより高い効果が期待できます。
すっぽんには全ての必須アミノ酸が含まれているだけでなく、加齢とともに合成量が減少していく非必須アミノ酸もバランスよく含まれていますので、アミノ酸の摂取には最適です。
滋養強壮、疲労回復、筋力UPなどを目的にアミノ酸の摂取を考えている方は、アミノ酸がバランスよく含まれているだけでなく、ビタミン、ミネラル、コラーゲン、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10、コンドロイチン、脂肪酸など様々な栄養が豊富に含まれているすっぽんでの摂取がおすすめですよ。